魔王様の街づくり

コミック

・ストーリー

「どこだ? ここは」青年が薄暗い石壁の部屋で目を覚ますと、眼の前に居る美しい女性から獣が生み出される。突如として現れた獣に襲われ(死にたくない!)無意識のうちに拳銃を「創造」、夢中で銃を連射すると獣が消滅。先程の女性は「マルコシアス」と名乗り、魔王「プロケル」と知らされる。そして、親となった「マルコシアス」こと「マルコ」に習い、3枚の属性メダルから初めての魔物、天狐(幼女)を生み出したが「ロリケル」と呼ばれる。

・世界

中世ヨーロッパ風の世界で、ダンジョンを統べるダンジョン・マスターが魔王という存在で、主人公のポジションになります。

・ステータス

下位の魔物は魔力で作り出せますが、高位の魔物はメダルによって作り出します。創造の魔法で銃火器と月に1枚の創造のメダル、魔力で作り出せる贋作メダルになります。

・感想

主人公の街(ダンジョン)づくりと、街を発展させるための人間との交渉。魔王同士が個性に合ったダンジョンを自由に造りだし、ダンジョン同士を戦わせる戦争(ダンジョンバトル)。主人公の現代の知識が見所になっています。銃を使用した戦闘シーンは見ごたえがあります。あと序盤の幼女率が高いです。

・相性

特に注意すべき展開は無いと思われますが「創造のメダル」をチート設定と感じるかもしれません。街づくりがメインになるので、国中を回る冒険者活動はありません。

・媒体

原作は無料の「小説家になろう」なのでコミックより小説の方が先に製本化されています。「ガルドコミックス」のホームページで1話だけ無料で読めます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました